アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ピンク色のTシャツを着た女性 白いTシャツを着ている女性

方法

七夕 ピンク

Tシャツをオリジナルデザインで作る場合、方法は3つあります。
第一は、無地のTシャツを購入して「布用絵の具」で手書きする方法です。
無地のTシャツは、ちょっと意外ですが「Tシャツ印刷業者」から安く買えます。
印刷業者は無地のTシャツを大量に仕入れていますから、特に10枚以上の購入では、高品質の素材が、一般的な量販店よりも安く購入できます。
手書きのTシャツは、パソコンの知識なしで制作出来る反面、布地の取り扱いが難しく、紙に絵を描くほど簡単に描けないため作業能率に難があり、大量に制作することは不可能です。
第二は、パソコンでデザインを作り、プリンターとアイロンプリント転写用紙を使って製作する方法です。
手作りという点では第一の方法と類似していますし、スキャナかデジカメがあれば手描きの絵をパソコンに転送して、これをプリンタ出力することで能率的に制作が勧められます。
ただしアイロン転写の手間はかかるので、おおむね10枚前後の制作に有効な方法です。
注意点としては、布用絵の具に比べるとプリンタインクの方が洗濯に弱いため、長期間・繰り返しての使用には向かないということがあります。
第三の方法は、パソコンでデザインを作った場合はそのまま、手描きでデザインを作った場合はスキャナまたはデジカメでパソコンに取り込み、これをオリジナルTシャツ制作の工場に発注する方法です。
この方法では数十枚から数百枚の数量であっても対応できるだけでなく、枚数が多いほどボリュームディスカウントが効いて割安にオリジナルTシャツが作れます。
この場合印刷方法は2通りあり、写真のような中間色を多用したデザインにはインクジェット方式(ただし家庭用プリンタのインクジェット方式とはインクが異なります)で、また、線画で色数が少ないデザインにはシルクスクリーン印刷を利用します。
一般的にはシルクスクリーン印刷の方が安く仕上がることが多いですので、デザイン制作の段階から「色数を減らす」工夫を行うと費用が安く済みます。
また、洗濯や繰り返しての使用に最も耐えるのはシルクスクリーン印刷、次いで業務用インクジェット印刷機による印刷で、特にシルクスクリーン印刷は布用絵の具を超える耐久性がありますので、この点でも工場に発注するメリットは大きいと言えます。

Tシャツプリント依頼

絵具 水色

普段のカジュアルな服装として採用する価値があるのが、Tシャツです。
このカジュアルな服装は、気軽に毎日コーディネートできる普段着として、利用されることが多いです。
そのデザインも豊富で、オリジナル性が高いアレンジも可能な特徴があります。
既成品に多数の種類のラインナップがあり、また価格が安価であることも評価できるポイントです。
毎日の普段着として選ぶのであれば、Tシャツのストックを多く揃えておけば、コーディネートがはかどります。
しかしそれでも、既成品のデザインだけでは物足りないという人もいます。
オリジナル性の高いファッションを実現するために、Tシャツのプリントサービスを利用するということも選択肢に入ります。
自身で作成した意匠をプリントすることによって、他にない特別なTシャツを手に入れることができます。
既成品にも、優れたデザインの製品は多数存在します。
しかし、そうした製品は、多くの人が既に手にして着用している可能性は高いです。
オリジナリティに強いこだわりを持っている人にとっては、他に誰も持っていないようなデザインのTシャツこそ価値があります。
自ら手がけた意匠であれば、他にない特別な衣服が手に入れられます。
気に入ったデザインを施してTシャツプリントサービスを利用することで、安価でありながらもファッション性が高いグッズが手に入れられます。
また、できるだけ無駄なくリーズナブルにプリントサービスが利用できるように、プリント業者も厳選して選ぶことが大切です。
Tシャツのオリジナルプリントを依頼する場合に、最低ロット数を確認して、必要最小限の数で注文できるようになっていれば、利用する価値が十分にあります。
無駄なく必要なファッションの衣服を手に入れられる方法として、新しいデザインの手法であるオリジナルTシャツプリントサービスの利用に関心が持てます。
また、プリントにもその質感や素材によって複数の選択肢があるため、プリント技術によって今後新しい表現方法を手に入れることができます。